太陽光発電の導入で光熱費がゼロにできるのか?

太陽光発電のデメリットで最も大きいのは価格の面ではないでしょうか。
太陽光発電はまだまだ高いです。

太陽光発電の価格は数年前に比べて格段に安くはなってきています。

例えば、5年ほど前に4kWの太陽光発電を設置ししょうと思ったら、200〜300万円くらいかかっていました。その頃は補助金の金額も大きかったので、実際にはこの価格よりも出費としてはかかっていないでしょうが。

現在4kWの太陽光発電を設置しようと思った場合、150〜200万円くらいの金額で購入することが可能です。いかに急激に値下げが起こっているかがわかるでしょう。

とはいっても、まだソーラーパネル 価格は100〜200万円くらいはかかるということです。
安くはないですよね。

導入費用の回収まで約10年と言われています。自分の家の周りに大きな建物が建たない保障はありません。自分の住んでいる場所で、こういった大規模工事の計画があるかどうか調べることも大事な点です。

現在の価格であれば、しっかりとした業者にお願いした場合、10年以内この金額の元を取ることができます。太陽光発電は20年以上の寿命があるとされていますので、その後はかなり得をすることができます。

そのため、この価格の高い太陽光発電を購入する場合には、しっかりとした業者に依頼して、10年内に元が取れる計算になるかを、きちんと計算した上で購入するようにしましょう。

実際に太陽光発電を導入すれば光熱費はゼロにすることは可能ですという情報も飛び交ってますが、実際にはかなり言葉のアヤがあると言わざるを得ません。

少し詳しく説明すると、まず極力効率のいいソーラーパネルを導入して、なるべく節電に努める事によって実質的に光熱費をゼロにする事は不可能ではない。といった感じになると思います。

この実質的にというのは、太陽光発電で取り入れた電力は、電力会社に買い取ってもらう事ができるというシステムがあるからです。この辺の兼ね合いを駆使すれば実質ゼロにする事はできるかもしれないという話です。

家庭に設置したソーラーパネルに日光が当たって電力を作る事ができます。この電力はまず自分の家庭で使います。それでも余るときは余剰電力を電力会社に売却できるのです。これを売電と呼びます。

この売電の話ですが、太陽光発電の普及のために2009年以降から売電の価格が上昇しました。
こういったことにより、家庭の一か月の光熱費が売電の値段を下回れば実質的には光熱費ゼロという事になります。

しかしこの手段をもってしても光熱費をゼロにするにはなかなか難しいと思います。

一世帯4人家族で、比較的太陽光発電向きの気候、天候条件の良い地域だとしても節約意識せずに使いたいだけ使っていては達成は難しいでしょう。オール電化にすることも前提となると思います。

したがって光熱費ゼロを前面に押し出して営業をかけてくる業者や広告を見かけた場合は少し警戒したほうが安全かもしれません。

また、こういった業者にひっかからないためにも、ソーラーパネルの最新価格相場は?をチェックしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です