太陽光発電の導入で光熱費がゼロにできるのか?

太陽光発電のデメリットで最も大きいのは価格の面ではないでしょうか。
太陽光発電はまだまだ高いです。

太陽光発電の価格は数年前に比べて格段に安くはなってきています。

例えば、5年ほど前に4kWの太陽光発電を設置ししょうと思ったら、200〜300万円くらいかかっていました。その頃は補助金の金額も大きかったので、実際にはこの価格よりも出費としてはかかっていないでしょうが。

現在4kWの太陽光発電を設置しようと思った場合、150〜200万円くらいの金額で購入することが可能です。いかに急激に値下げが起こっているかがわかるでしょう。

とはいっても、まだソーラーパネル 価格は100〜200万円くらいはかかるということです。
安くはないですよね。

導入費用の回収まで約10年と言われています。自分の家の周りに大きな建物が建たない保障はありません。自分の住んでいる場所で、こういった大規模工事の計画があるかどうか調べることも大事な点です。

現在の価格であれば、しっかりとした業者にお願いした場合、10年以内この金額の元を取ることができます。太陽光発電は20年以上の寿命があるとされていますので、その後はかなり得をすることができます。

そのため、この価格の高い太陽光発電を購入する場合には、しっかりとした業者に依頼して、10年内に元が取れる計算になるかを、きちんと計算した上で購入するようにしましょう。

実際に太陽光発電を導入すれば光熱費はゼロにすることは可能ですという情報も飛び交ってますが、実際にはかなり言葉のアヤがあると言わざるを得ません。

少し詳しく説明すると、まず極力効率のいいソーラーパネルを導入して、なるべく節電に努める事によって実質的に光熱費をゼロにする事は不可能ではない。といった感じになると思います。

この実質的にというのは、太陽光発電で取り入れた電力は、電力会社に買い取ってもらう事ができるというシステムがあるからです。この辺の兼ね合いを駆使すれば実質ゼロにする事はできるかもしれないという話です。

家庭に設置したソーラーパネルに日光が当たって電力を作る事ができます。この電力はまず自分の家庭で使います。それでも余るときは余剰電力を電力会社に売却できるのです。これを売電と呼びます。

この売電の話ですが、太陽光発電の普及のために2009年以降から売電の価格が上昇しました。
こういったことにより、家庭の一か月の光熱費が売電の値段を下回れば実質的には光熱費ゼロという事になります。

しかしこの手段をもってしても光熱費をゼロにするにはなかなか難しいと思います。

一世帯4人家族で、比較的太陽光発電向きの気候、天候条件の良い地域だとしても節約意識せずに使いたいだけ使っていては達成は難しいでしょう。オール電化にすることも前提となると思います。

したがって光熱費ゼロを前面に押し出して営業をかけてくる業者や広告を見かけた場合は少し警戒したほうが安全かもしれません。

また、こういった業者にひっかからないためにも、ソーラーパネルの最新価格相場は?をチェックしておきましょう。

不妊治療を始める前のベースキャンプ

「赤ちゃんができなければ不妊治療」と思っている方が少なくないようです。事実、赤ちゃんができないからと、いったん不妊外来を受診すれば、経膣超音波による夕イミング指導から始まり、人工授精、そして体外受精や顕微授精といった高度生殖医療まで進んでしまうケースが少なくありません。けれども、本当にそれでいいのでしょうか?私がカウンセリングでお話を聞いているカップルや、インターネットを通じて相談をしてこられる方にも、「妊娠はしたい、 でも高度生殖医療は希望しない」という人が増えてきました。価値観の多様化を反映しているのかもしれませんが、私には不妊治療も「妊娠の所邑が求められる時代になったのだと思えてなりません。

不妊治療が、大きな精神的、身体的ストレスをともなうことは、経験された多くの方が訴えています。また、不妊治療が不妊をさらに悪化させる「不妊治療不妊」ということも多いのです。

私は、「赤ちゃんが欲しい」ということが、ストレートに「不妊治療」につながらないと考えています。「より正り自然な妊娠のためのフォローアップ」の具体的な方法をご紹介します。このフォローアップは、「赤ちゃんが欲しい」と「不妊治療」のあいだにある不妊治療のベースキャンプです。そして、いままでに多くの女性がこのフォローアップ によって妊娠しています。

これまでは、自然妊娠をより確実にするためのタイミング法について紹介しました。 ここで紹介するフォローアップも、基本はタイミング法にあります。それに加えて、 基礎体温表や血液検査から、さらなるフォローアップが必要と判断された場合には、身体をサポートするための漢方薬、あるいは飲み薬の排卵誘発剤などを使います。

漢方薬は体調を整える効果が高いことから、多くの方に使用しています。排卵誘発剤と聞くと身構えてしまう人もいますが、排卵誘発剤は、飲み薬と注射薬で作用のしかたも強さもまったく異なります。たとえば排卵障害による黄体機能不全が疑われる人に、飲み薬の排卵誘発剤を使うことで排卵障害が改善され、結果的に妊娠に至るケースも多いのです。

結婚という選択はもっとあと、という女性も多く、女性の一生は中身の濃いものになってきたといえます

心から結婚したいと思う相手と、今なら結婚してもよい、という時期まで結婚を焦らない女性が多くなってきたのです。

また、愛する相手と結婚という選択はするが、その後二人だけの生活を十分エンジョイしてから子どものことを考える、という人生設計をする女性も極めて多いのです。

その意味で、社会的な観点から見ると、それは本当に素晴らしいことだと思います。

しかし、女性が「子どもを産む」、もっと具体的には「子どもを産める」時期、というのは、生殖学的には、ひと昔前となんら変わっていない、という事実が意外に知られていないのです。

そのため、あらゆる面で恵まれているはずの日本の女性が、「自然に子どもが授からない年齢」に達することに気づいておらず、それに気づいたときには「どうしてこんなことに?」と呆然とする女性が大変多くなってきたことに驚かされます。

女性の自立やキャリアなどが確立されてきた半面、「子どもを産む」という話題になると、「女性は子どもを産む道具ではない」「自分探しをして自分というものを見つけてから子どものことを考える」という、女性解放のコンセプトの素晴らしさに対するアンチテーゼのように考えられがちになっているのもまた事実です。

「子どもを産む」ということについては、ただ古臭いだけのコンセプトのように扱われ、「子どもを産む」ことについての情報が逆に改めて話題として上がっておらず、正しい情報を求めようとしても、かえって聞きづらい話題になってきてしまったように思うのです。

日本は少子化に悩んでいる、とニュースではいつも報道されています。東京都 23 区では、なんと出生率が一夫婦につき一人以下、という前代未聞の記録を更新したそうです。そんなニュースをなんとなく他人事として受け止めている女性があまりにも多いのではないでしょうか。

女性の社会的地位が認められてきた今こそ、逆に「子どもを産む」という女性の特権、そして「子どもを産むかどうか」あるいは「いつ子どもを産むか」という選択肢について、改めて考える時期がきているのではないでしょうか。

いざ子どもがほしいと思ったときに後悔をしないために

いつか子どもを産むかもしれないと漠然と考えている女性、子どもは今は考えられないけれど、一応知っておきたいという女性、子どもは絶対にほしいと考えている女性あるいは子どもはほしくないと考えている女性、すべての女性へ、自分の身体のことを知るためのメッセージ。

未婚・既婚に関わらず、女性の心のなかに、「子どもいつ産む?」「いつまで産める?」という素朴な疑問が湧いてくる時期が必ずあるようです。

生殖医療分野のコーディネーターという仕事柄、そして、その仕事の場が米国であり、「子どもを産む」あるいは「産まない」という決断をする際に、ありとあらゆる選択肢がオープンに存在する環境であることからも、私は日本の女性誌や新聞などの取材をお受けする機会が多々あります。

そのような場合、必ず質問されるのが、「女性はいつまで子どもを産むことができるのか?」あるいは「女性はいつまでに子どもを産むべきなのか?」というものです。

ひと昔前であれば、出てくることさえなかった疑問のように思います。

これは、日本の女性にも多くの人生の選択肢が可能になってきた今日、ひと昔前のように「結婚・出産」の目安になっていた年齢の枠決めが、もう当てはまらない場合が多くなってきたためであると考えます。

昔であれば、暗黙の了解のように、「 25歳はお肌の曲がり角」で、 25歳頃までには結婚、 30歳までには出産を終えてという人生設計ができていたように思います。

しかし、女性の自立やキャリアアップが可能になり、豊かな生活のなかで無理に結婚をせずとも女性が幸せに生きていける環境ができてきた今の日本では、そのような昔ながらの枠組み通りに人生を歩む女性が少なくなってきているように見受けられます。